毎月の支払いにお金が足りない時はこうするべき

旦那から毎月渡される生活費が足りなくて支払いが足りなく、どうするのが良いかと途方にくれている状態です。来月子供が生まれるので、さらにお金がかかると思うのですが、今の状態でも家賃や光熱費を支払ってしまうと、本当に毎月支払いはピンチの状況が続いており、精神的に限界です。残り少ない貯金も子供のためを思うと手をつけられません。子供が生まれた後は育児をしなければいけないので、しばらく働けそうにもありません。このような生活費が足りない場合、どうするのが最善でしょうか?

子供が小さいとパートには出られないでしょうが、家でお仕事をすることはできます。つまり、在宅でお仕事を探すということです。インターネットで「在宅 仕事」と探すと、様々な仕事が見つかると思います。データを入力する仕事や、電話受付の仕事、秘書の仕事などもあります。

子供が生まれると幼稚園まではあまりお金がかかりませんが、小学生になると、特に女の子になれば洋服代もかかりますし、習い事もしはじめますよね。あと、食事の量も増えてきますので、食費もかかるようになります。中学や高校になればさらにお金もかかるようになってきます。塾に行き始めるようになると、何十万円単位でお金がなくなっていきます。そのことを考えると、子供が小さい内からでも在宅でできるお仕事は、将来的に役に立ちます。

旦那さんについては、小遣いを減らせるかどうか相談しましょう。毎月のお小遣いをどのように使っているのか、家計簿のようなものを付けてもらうのもいいと思います。家計の節約だけではなく、旦那さんのお金の使い方にも無駄がないかどうか調べるためです。飲み会の回数が多いようなのであれば、回数を減らしてもらいましょう。

支払えるところは、現金ではなくクレジットカードで支払いをすると、請求されるのが1ヶ月先延ばしになるので、一時的にはピンチの状況を免れる方法でもあります。最近ではスーパーでもクレジットカードを使えるところがほとんどです。クレジットカードのポイントもたまりますので、一石二鳥です。ポイント還元率が高いカードを使うというのもポイントですよ。

本当の限界が来たのであれば、お金を借りるということもやむを得ません。クレジットカードでキャッシング枠があれば、お金を借りることもできますので、本当の限界が来た時には頼りになることでしょう。毎回生活費のことについて考えるのは頭が痛いですよね。これらの方法で、是非とも乗り切ってください。

未分類
お金が足りない場合の対処方法