お金がなくて支払いができない場合の対策

お金がなくて家賃の支払いができない。毎月の生活が苦しく、妻にもパートに出てもらおうと思っていたのですが、妻が体調を崩し働くこともできません。これまで大家さんから家賃を支払ってくださいと、何度も言われてきましたが、家賃を支払えないまま数ヶ月経ちました。そろそろ支払ってもらえないと、部屋は貸せないというように言われてしまいました。もちろん私の給料はあるのですが、月々の生活費を支払ってしまうと、家賃を払う余裕がありません。どのようにしたらよろしいでしょうか?

親戚や自分の両親、または奥様のご両親など借金はできませんか。自分の給料では生活をするのが精一杯で家賃を支払えないこと、家賃を支払えないと部屋を明け渡さなければいけないこと、奥様は現在病気で働けないこと、全て正直に洗いざらい話してしまって、お金を貸してもらってください。ただご両親や親戚も、ご自身の生活があるのでお金を貸してもらえない可能性のほうが高いです。
もしも家賃が支払えなくて部屋を出て行かなくてはならなくなった後、実家の方に少しの間でも居候できるのかどうか、相談してみてください。お金は貸せないけれども、部屋なら貸せるかもしれません。

もう一つの方法としましては、現在あなたが働いている会社に現在の状況を話して、お給料を少しでも良いので先に貸してくれないかと相談することです。家賃代だけでも借りることができれば、一時的ですが助かることができます。

ただし、この方法は少し注意が必要で、そもそも、あなたの給料が少ないから家賃の支払いができないということを忘れないでください。会社からお金を借りれば、給料から天引きされるか、絶対にお金を返さなければなりません。自転車操業のようで、体力的にも精神的にもかなりダメージになるでしょう。会社から借りたお金を返さなければ、最悪、会社を辞めざるを得ないかもしれません。

最後に、お金がなくて支払いができないとき対処法としましては、消費者金融キャッシングにお金を借りる方法があります。お金を借りると金利のお金も払わなければいけないので、躊躇されるかもしれませんが、本当に必要な金額だけ計画的に借りるには問題がないと思います。ただ、金利の低いところは多少審査が厳しくなってしまうので、それは仕方のないことです。どれだけ借りると、どれだけ金利を支払わなければならないのか、よく調べてよく考えた上で、最後の手段として考えてみてください。

未分類
お金が足りない場合の対処方法