生活費が足りないときにあなたならどうしてるのか

小さい子供を抱えているのに、子供を義理の親に預けてしんどい思いをしてパートをしているのに、毎月の生活費が足りません。生活が苦しいのでパートに出ているのに、それでもまだ生活費が足りなくてどうしていいのか分かりません。
毎月こんなにもギリギリの状況で支払いに追われて、給料日前には金欠状態です。皆さんは生活費が足りない時どうしてるのでしょうか?簡単な対処法を紹介していきます。

あなたのご主人はこの状況をきちんと分かっていますか?案外男の人は、自分のお給料だけで不自由なく家族が暮らしていけてると勘違いしている場合が多いです。
なんなら、あなたがわざわざパートに出なくてもいいので、働かずに自宅できちんと育児や家事をしてほしいとさえ思っているかもしれません。むしろ家庭円満だと思っているかもしれませんね。
そういう場合は、ご主人と冷静に話合わなくてはなりません。できることなら、旦那さんに毎月の家計のやりくりをお願いしてみてはどうでしょうか。あまりにお金が足らなくて、驚くのではないでしょうか。

節約できるものは食費です。ただあまりに節約しすぎると、お子さんも育ち盛りで体に影響があるかもしれませんので、そこはきちんと考えましょう。
あと、お子さんの洋服代も結構かかりますよね。それはご近所さんやご友人からお下がりをもらったりすることで解決することができます。リサイクルショップも結構穴場で、洋服をお安く購入することができます。
新品のものでもタグ付きで手に入る場合もあります。是非覗いてみてください。

毎月かかる食費を、一週間ごとに封筒に分けて管理するのもひとつの方法です。一週間で使い切らずに余ってしまったぶんは、貯金をするなり次の週に持ち越すなりしてみてください。外食はもってのほかですが、月一回ぐらいであれば、家族みんなで一緒に外食するのも一つの楽しみにしてはいかがでしょうか。毎月、家計簿をつけることは必須です。少しずつでもお金が貯まっていくのが楽しみですよ。

そこまでしても給料日前にお金が足りないとなれば、最終手段としては消費者金融になります。消費者金融がはじめてのかたには怖いイメージがありますが、金額を決めて計画をしてきちんと借りればそんなことはありません。旦那さんも職を持っているとなれば割と簡単に審査に通るはずです。その代わり、これは本当の最後の方法として知っておいて損はないはずです。

未分類
お金が足りない場合の対処方法