生活費が足りないときはどうするのが一番良い?

毎月旦那さんからもらう給料に満足していますか?生活費が足りない場合にどうするのが良いのか、ピンチをどのようにして乗り越えたら良いのか、対処法をお伝えいたします。

旦那さんの少ないお給料から毎月必要な生活費を引くと、全く足りない。もうすぐ赤ちゃんが生まれるので、家賃、光熱費、それに加えて赤ちゃんに必要なお洋服やおむつ代など買うと、どんどんお金が減っていき、生活できないんじゃないかと不安になりますよね。もちろん旦那さんにも毎月のお小遣い10万円が必要ですし、このままいくと、毎月ピンチの状況に陥ることが目に見えています。
こういう場合どうすると良いのでしょうか?

まず一つ目にやるべきことは、毎月の家計簿をきっちりとつけることです。今月の食費はいくらかかったか、月初めにはいくらあるが、給料日前にはいくらしか残っていない、というのをきっちりと自分で把握することが大事です。

毎月家計簿をきちんとつけていると、先月はいくら使ったのか、また通帳にはいくら残っているのか、一目見てわかるようになります。そうすることで、毎月どの部分を節約すれば良いのか、対処法が見えてくるはずです。

今月は何万円足りなかったかがわかれば、旦那さんにその内訳を説明することができます。

そして、旦那さんにもきちんと相談をしましょう。必要なのであれば、旦那さんのお小遣いを減らすこともしなければいけないかもしれません。旦那さんにも、毎月そのお小遣いをどのように使っているのか、減らすことはできるのかきちんと話し合いをしましょう。

そこまでやっても、毎月お金が足りない場合どうするのかと言うと、独身時代の自分の貯金を切り崩して生活することも可能ですが、それがいつまで続けることができるのか分かりませんし、そしてその貯金もいつかはなくなってしまいます。

ですので、最後の手段としてキャッシングに借金をするかお金を借りることが考えられます。

審査が難しいと思われていますが、旦那さんの収入があれば簡単に審査に受かるかもしれません。ですので、そういった方法もあるということを知っておいた方が良いでしょう。ただそれは、最終手段です。お金を借りる前に生活設計をきちんと立て直しましょう。

一人暮らしでしたら、生活費が足りなくなれば副業をしたりアルバイトをしたりということができますが、小さなお子さんがいらっしゃればそういうことも難しくなってしまいます。

注意してもらいたい点ですが、節約をするあまりストレスをためないようにしてください。食費にお金を回せないからといって、毎日毎食少ない食事や質素な食事では、きちんとした栄養がとれません。栄養が取れなくなると、旦那さんの仕事にも支障が出ますし、何よりお子さんの健康面が悪くなってしまいます。

ですので、どの部分を節約するかしないか、きちんと考えましょう。給料日前に、最悪お金が足りないとなれば、最後の手段はキャッシングです。早い段階で返せば利子もさほど高くはなりませんが、それはやはり最終手段として考えておいてください。

未分類
お金が足りない場合の対処方法