毎月お金が足りない時の最後の方法

毎月お金が足りない、お金がないと苦しいですね。一人暮らしをしていると様々な出費が多くて、毎月お金が足りなくなりますよね。家賃だけでも年間にするとすごい金額になってしまいます。
お給料も低収入だと、家賃や生活費を払うと毎月数万円の赤字が出てしまいます。給料日前になると、いくら家計を切り詰めても生活が苦しい。
なぜこんなにお金が足りないのか、理由が必ずあるはずです。対処法をいくつか考えてみましょう。

毎月決めた額を必ず貯金する

生活費を見直すには、少しコツが必要です。
お給料もらったら、毎月決めた額をまず貯金してください。それ専用の通帳や口座を作ってもいいと思います。

そして、その口座からは何があっても絶対にお金を下ろさないでください。使わないと決めるのです。あと、生活費、家賃、交際費など、それぞれいくら使えるか金額を決めて、封筒にそれぞれ分けて入れてください。毎月の生活費などは、その封筒からお金を支払い、給料日まで持つように自分でしっかりとやりくりをしてみてください。

あなたが低収入であればあるほど、毎月の生活費がいくらかかるのか、きちんと見直さなくてはいけません。この厳しい状況を乗り切るために必ずやり遂げてください。

キャッシングも一つの方法

貯金もできなくて毎月お金が足りない理由は、低収入だけが理由ではありません。あなたの家計のやりくりが下手なことも理由になります。

この方法を試しても、全くお金が足りなくてピンチの状況に陥ったのであれば、キャッシングをするというのも一つの方法です。いくら足りないのかきちんと把握して、本当にどうしようもないのであれば、一つの対処法としてキャッシングすることもできます。

ただ、キャッシングをする前に、これまで述べてきた方法をぜひ試してみてください。その気になれば、毎月数万円ほど節約でき、貯金することもできるかもしれません。

貯金もないし、収入も少ないとなれば、ストレスでいっぱいですよね。月々少ない節約でも年間にすると大きな金額になります。

不用品を売る

数万円程度でしたら、身の回りの不用品を売ってみてください。いらなくなった服、着なくなった服、クローゼットの中を見渡してみるとたくさんありますよね。マフラーや帽子、ベルトなどのそういったものも大丈夫です。購入した金額よりは安くなってしまいますが、お金に変わると思えば嬉しいですよね。

食事は自炊をする

食事は必ず自炊をしてください。外食なんてもってのほかです。いくら野菜が高くなったとしても、外食するよりかは安く済みます。それに、自炊をした方が安い金額で料理も沢山出来ますし、健康にはいいです。
飲み物も自動販売機で買わないでください。自宅でお茶を作ってポットに入れて持ち運べは、飲み物代はほぼタダになります。クレジットカードでキャッシングもできますが、それは最後の手段にして、まずは自分の家計を見直してください。