お金が足りないときに主婦にできる簡単な対応策

お金が足りないことは、主婦にとって本当にストレスでしかないですよね。
せっかく毎月の食費や生活費を切り詰めたとしても、友人や親戚の冠婚葬祭の費用で、お札に羽が生えたかのようにお金なんてなくなってしまいます。
子供の学資保険にもお金が必要ですし、子供の学費もかなりの金額がかかってきます。
旦那さんもこのような家庭状況を理解してくれればいいのですが、旦那さんもこのことを理解してくれないとなると、主婦にとってはとても厳しい状況になりますね。
そんなあなたにいくつか解決策をご紹介します。

短時間でもいいのでパートで働いてみる

あまり遠くの職場だと交通費や時間がかかってしまうので厳しいですが、自宅の近所でどこかパートができるところ探してみてください。
もしくはインターネットでパートを探してみるのも一つの方法です。パート代の月に数万円でも、あるかないかで生活は変わってくると思います。
また、メリットはお金だけではないです。今は家事と育児で他の人と話す機会が少ないかと思いますが、パートに出てみると同じ立場の主婦の方と一緒に働くことになるので、様々なお話をすることが出来ますし、気分転換にもなります。
私の周りにも主婦の方でパートしてる方はたくさんいらっしゃいますが、案外家に閉じこもっているよりも、外に出た方が気分転換になっていいという方も多くいらっしゃいます。

借金をしてみる

パートの仕事を見つけても経済的にまだ苦しいようであれば、借金をするという手もあります。
消費者金融は審査が厳しいと思われているかもしれませんが、仕事をしていれば審査に簡単に通る場合もあります。
これまで借金をしたことがない人には心理的なハードルが高いかもしれませんが、経済的なピンチを乗り越えるには、借入をするというのも頭の片隅に入れておいて損はないです。

毎月いくらかかるのか家計の見直しを旦那と話す

やはり現実を見ないといけません。
できれば旦那と二人で、自分たちの家族に必要な金額は一体いくらなのか、毎月の給料でいくら足りないのか、それを話し合う必要があります。
子供も小学生ぐらいになれば、洋服や友達との遊び、スマホ代など、かかるお金が段違いに増えてきます。
土日のお休みの日などは、遊びにも行きたいですよね?
旦那さんの今の収入で、ストレスなくそれを行うことができますか?できませんよね。
でしたら、きちんと旦那さんと二人で話し合いをしなければなりません。
ただ間違っても、感情的になって旦那さんに対して文句や暴言を吐くことはやめてください。
旦那さんも、会社で一生懸命働いてくれているのに、奥さんに叱られてはかわいそうですよね。
旦那さんも、会社で嫌なことがたくさんあると思うのですが、それに対して一生懸命働いてくれているので、そこは理解してあげましょう。
例えば飲み会の回数を減らしてもらうとか、 携帯電話の電話料金の見直しを提案するなど、できることから少しずつやっていきましょう。